僕は初めて鈴木信太郎の絵を見たのは横浜のそごう美術館(その時のブログ記事)だった。
この度、豊島区立で鈴木信太郎美術館が3月28日より開館したようだ。
僕も好きな画家の一人なので、さっそく行きたいなと思っている。
豊島区ホームページ→鈴木信太郎記念館概要

a0086270_12000968.jpg

a0086270_12005393.jpg
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2018-04-06 12:15 | Trackback | Comments(0)

日の出桟橋 竹芝桟橋

日の出桟橋、竹芝桟橋、ここに昼間に行くのは初めてだ。
大島や三宅島などに行った時には、このどちらかの桟橋からの出航と思うのだが
夜だった事もあり、あまり覚えていない。
この日、近くに用があり時間があったので寄って見た。
JR浜松町の駅から歩いてすぐなので、いつでも行ける。
着いて見てびっくり、漁港などと違いあまりにもシンプルだ。
しかし、都会のビル群などを背景に
遊覧船や連絡線を描くといい感じになると思う。

a0086270_11540245.jpg



a0086270_11551434.jpg



a0086270_11570543.jpg



a0086270_11580953.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2018-04-01 12:27 | 写生スポット | Trackback | Comments(0)

月島 佃島界隈 


昨日、今日(土曜)と2日に渡って月島、佃島界隈を取材した。
上の2枚の写真は佃島と月島の小舟が浮かぶ水辺
下の2枚は月島は勝鬨橋あたりから見た夕景と夜景である。
取材と言っても花見が中心であり
月島のもんじゃ街の散歩である。
ここはいろいろな店があり、絵になるスポットだが、花より団子
お好み焼きを食べながらハイボールするのだった。

a0086270_22112298.jpg
佃島



a0086270_22141829.jpg
月島


a0086270_22072164.jpg
勝鬨橋下



a0086270_22082391.jpg
勝鬨橋下

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2018-03-31 22:34 | 写生スポット | Trackback | Comments(0)

僕はこの江戸里神楽を観る会は都合で行けない場合もあるものの
平成18年の第7回から観ている。
友人に連れられて行ったのが始まりで
第7回上演の中からは兄弟探湯(けいていたんとう)F80号を
(この絵は中国にも渡った思い出の作品だ)
第8回からは素尊勘当(そうそんかんどう)F60号を描いた。
神楽の絵はこの二つの作品のみで
その後、描いてはいないのだが
いつも心の中には描きたいという気持ちはある。
しかし、次の作品には墨を使ってやりたいと思っているので
模索中というところだ。
(もう10年近く前から50号のパネルに
和紙を貼って準備はしているのだが)
今までに無い、あっと驚くようなものを描きたいな〜と思っている。

a0086270_18512005.jpg


a0086270_18533413.jpg


a0086270_18545486.jpg


a0086270_19145313.jpg
素尊勘当(そうそんかんどう)F60


a0086270_19153734.jpg
兄弟探湯(けいていたんとう)F80





にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2018-03-21 19:45 | 能・狂言・神楽・舞踊・太鼓 | Trackback | Comments(0)


今日は銀座幸伸ギャラリーに行った。
陶の後藤乃婦子さん・蝋染の飯塚美絵さん、型染の呉羽陽子さん、織の佐々木博子さん
この四人で開催の展覧会は毎回欠かさず拝見しているが
今回はいつものギャラリーからこちらに変えての展覧会
なんとなく作品もフェレッシュな感じがする。
僕は以前、後藤さんの窯で作品を焼いてもらったことがきっかけで
いま、陶芸にはまっている。
そんなことで後藤さんの陶芸の一部を紹介いたします。
a0086270_19433042.jpg
a0086270_19443344.jpg
a0086270_19461434.jpg
a0086270_19471546.jpg
a0086270_19475409.jpg
)〜27日(日)東京芸術劇場
20



# by taiyoart | 2018-03-16 20:19 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)

写真家の小松健一さんが4月、勉誠出版より
少数民族の暮らしと文化を撮り続けてきたものの写真集
「民族曼荼羅 中国大陸」を出版する。
27年間、83,270Kmに及ぶ撮影行の集大成で
30万カットという膨大な作品の中から
257作品を精選したとのことだ。(下記パンフより)

a0086270_23125447.jpg



a0086270_23135978.jpg


a0086270_23133321.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2018-03-05 00:26 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)


昨日は、 写真家 小松健一さん烏里烏沙さん 二人の作品展「彝人ー中国大陸山岳民族」オープニングレセプションに行く。会場では彝族(因みに烏里烏沙さんは彝族の血を引く)という一般的にはあまり知る人の少ないと思われる人々の習慣や日常を写した迫力のある写真がご来場のお客様に感動を与えていた。乗りに乗っている二人の作品展と言うこともあり、レセプション前にはもう、会場に溢れんばかりのお客様が駆けつけていた。なおパーティーには奄美の島唄、二胡と琵琶の演奏、評劇女優さんの唄と舞などが次々と演じられ、華やかな素晴らしいオープニングだった。
開催は3月5日までリコーイメージングスクエア新宿
新宿区西新宿1-25-1新宿センタービルMB(中地下1階)
TEL03-3348-2941
a0086270_13133340.jpg



a0086270_13294520.jpg
挨拶の小松健一さん(右9と烏里烏沙さん



a0086270_13150729.jpeg




a0086270_13184728.jpeg



a0086270_13195361.jpeg



a0086270_13211060.jpeg



a0086270_13220818.jpg



a0086270_13225894.jpg



a0086270_13235067.jpg



a0086270_13251503.jpeg
中村瑞季(みずき)さん(右)と山田梨香さん



a0086270_13260568.jpg




a0086270_13274356.jpg
劉 晋陽(りゅう しんよう)さん(左)と胡 啓慧(こ けいけい)さん



a0086270_13283925.jpg
三上玉江さん



a0086270_13312292.jpg
挨拶の烏里烏沙さん(左)と小松健一さん



a0086270_13340049.jpg
兄弟か。



# by taiyoart | 2018-02-22 13:45 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)