現代童画会'07春季展

a0086270_19882.jpg


銀座アートホール
中央区銀座8-110
TEL03-3571-5170
2007.4.2(月)〜8日(日)
AM11:00〜PM6:30(最終日4:00)

私は現代童画会には3年間、上野の本展に出品させていただいた事があります。その後、大洋会に戻ったのですが現在フリーに、この形が一番自分に合ってるナー。
# by taiyoart | 2007-03-24 19:29 | Trackback | Comments(0)

小島憲二 陶展に行く

今日は三越本店、美術サロンで開催の小島さんの陶展に行く。
茶席と言う特別な空間に使うすべての焼き物を70点展示と言うことで、小島氏のいのちを賭けたと言うにふさわしい、見事な作品が展示されていた。花器の一つには伊賀の山から持って来たという、馬酔木と椿、水仙などが活けられていて、なにやら岩肌から自然に生えたかのような感じが最高だ。(私の唯一、茶室体験、雑木林の中に立つ出羽三山神社の茶室を思い出し、なるほどと思う。)所々出ているグリーンのビードロは松の木を100時間燃やす間に自然の釉薬となり、葉の色がガラス状になるのだそうだ。松が土中の鉱物も自然に養分としていて、燃やし続ける事により、自然の釉薬となる。例えばサトウキビだと薄いグリーンなので白っぽい状態が出るらしい。大皿、茶碗、花入、水指、などじっくりと見せていただいたが、土と炎と釉薬、それに人の気と天の気がすべて調和した時、素晴らしい芸術作品となるのだと思った。日常に使う物とは違う、正に美術品だ!

なお、次回の小島憲二氏の東京での陶展は8月に池袋東武デパートで開催。
# by taiyoart | 2007-03-24 02:11 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)

第46回 一水会選抜展

a0086270_23414680.jpg

会期
平成19年3月20日(火)〜26日(月)

会場
日本橋三越本店6階美術特選画廊
(最終日は午後4時30分閉場)

具象絵画の一水会の運営委員・常任委員の33名による新作展。
# by taiyoart | 2007-03-20 23:54 | Trackback | Comments(0)

小島憲二 陶展

a0086270_22122811.jpg伊賀焼の小島憲二さんが展覧会を開きます。
窯変、自然釉、焦げ、ビードロ、伊賀焼きの虜となり伊賀市丸柱に築窯30年。近年は茶陶にも力を注ぎ、味わい深い作品を制作。大皿、水差し、花入、うつわなど70展を発表。(図録より抜粋)

私は数年前、酒を酌み交わすうちに親分肌的な人間性に惹かれてファンになる。作品の凄さはその後で知る事に。土に込められた氏の温かい人間性と炎が作り出すビードロや複雑な色、飽きることのないに美しさにいつも眺めては酔いしれています。

会期 平成19年3月20日(火)〜26日(月)
会場 日本橋三越本店本館6階美術サロン
# by taiyoart | 2007-03-11 23:23 | 陶展 | Trackback | Comments(4)

演歌を聞く

アトリエ近くの立ちのみに行く。いつものレモンハイとつまみを頼み、飲みはじめる。初めカラオケが回っていたのだが、突然、私の曲が流れ出したので驚く。去年の10月ごろ、引っ越し作業時に出てきた2〜3枚のCDを渡してあったのをかけてくれたのだ。女の子守歌 誰故草 鬼怒川しぐれ 恋ぼたる など、平成の2〜5年頃の作品だ。なかなかいいとの評判でついついピッチが上がる。ひじょ〜にうれしかった。またまた驚いた事に、お客さんの中に一人カラオケを回して歌詞カードの譜面を見ながら唄いだした人がいた。これにはさすがの私もびっくり。マスターが明日から通りに流して宣伝してくれると言う。誠にありがたい事だ。火がつくかもよと夢のある言葉もプレゼントしてくれた。久しぶりに自曲に酔いしれ、終電に乗ろうと店を出た。その時、あれ、これが千鳥足か・・・
# by taiyoart | 2007-03-09 00:54 | Trackback | Comments(3)

昨日はK's Galleryに行く。オープニングには評隣家ほか、ほとんどが作家でのパーティーとなった。パティー終了後は知人10名ほどで居酒屋に流れて二次会、大いに盛り上がる。

今日は昨日に続き、また銀座に・・・
オザキ・ユタカさんがまとめているグループ展に行く。見るのは昨年に続き2回目だ。知人の北川愛子さんも出品している事もあるのだが、オザキ・ユタカさんの考え方が好きなので、横浜での集まりの前に寄ってみた。21名、それぞれのスタイルで描かれていて正に「多様性の中の連合展」と思う。

この展覧会は昨年、不思議な事に2枚も案内状をいただいた。一枚は北川愛子さん、もう一枚は友人のミュージシャン村山勇二からだ。オープニングパーティーに出演するので遊びに来いと言うことだった。ギャラリーに行ってびっくり、オザキ氏と村山氏は友人と言う事でまたまた驚いた。今年は横浜で開催のWUB東京「YUNTAKU会」に出席の為、オープニングパーティーは失礼し、新橋駅から電車に飛び乗る。

オザキ・ユタカさんの言葉
私たちは、生まれてこの方だれもが幸せに生きる権利があります。互いに理解し合いこの地球で共存していく道を、希望を持って忍耐強く見つけていかなければなりません。他者の痛みを感じとり、力づくでない話し合いで解決していく、勇気や想像力が必要です。こうした思いを多様性の中の連合展・「『新しい人』の方へ展」と言う形にしました。

2月25日まで開催。
銀座アートギャラリー
銀座8-9-16長崎センタービル2F
TEL03-3572-7688
# by taiyoart | 2007-02-24 22:58 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(2)

油絵を描く。

半年間、自分の絵について考え続けて来たけれど、やっと昨日はF6を2枚、今日、F6を2枚描いた。絵のスタイルは大きくはなかなか変われないが、楽に描けたので一安心、これからいろいろと半年間考えて来た事を、創作に生かしたいと思っている。油絵は一枚も描いていなかったが、クレパスやアクリル、水彩などを描いていたせいか不思議と感覚は自然に働いてくれた。この調子ならどんどん描けると思う。7月の個展に向け猪突猛進です。
# by taiyoart | 2007-02-18 00:49 | 美崎太洋個展ほか | Trackback | Comments(4)

平成19年2月26日8(月)〜3月4日(日)
AM11:00〜PM6:00(最終日はPM3:00)
ギャラリー くぼた
東京都中央区京橋2-7-11 TEL03-3563-0005
a0086270_20503224.jpg


素敵な水彩画を描かれる城後和子さんの仲間展(18名)
いろいろなタイプの水彩画が並びます。楽しいですよ!ぜひ、お出かけ下さい。
# by taiyoart | 2007-02-11 20:56 | 公募団体展 グループ展 | Trackback | Comments(0)

春のAllumage展

2007年2月23日(金)〜2月28日(水)会期中無休
東京都中央区銀座1-5-1 第三太陽ビル6F
K's Gallery
TEL03-5159-0809
知人、小泉まさ子さん含め11名の作品が並びます。
a0086270_15212339.jpg

# by taiyoart | 2007-02-10 15:21 | 公募団体展 グループ展 | Trackback | Comments(0)

キャンバス張り

今日は久々に、色々なサイズの木枠にキャンバスを張る。自分が本当に求めている絵が少し見えて来たので、張りたくなったのだ。
例年、7月の個展の後は11月末頃から12月初め頃まで開催の大洋会展に出品する100号を2〜3枚描いていた。だが去年、個展のあと退会したので時間はたっぷりとあったのだが、半年も油絵を描かず、ただひたすら自分のスタイルについて考え続けていた。結構きつい試練だったが、やっとおぼろげながらも新しい自分が見えてきた。
僕の場合、12年をワンクールと決めているので、2クールめの今年は新たなステージに立って、自分をさらに進化させて行こうと思っている。
# by taiyoart | 2007-02-10 00:07 | 画材ほか | Trackback | Comments(4)