カテゴリ:絵ごよみ随想( 24 )

絵ごよみ随想・金時山

a0086270_12095669.jpg


金時山の中腹から見た風景だ。
絵を描き始めて4年目の夏、僕はある雑誌を見て
金時山から見る富士がすばらしいと言うことを知り
さっそく金時山の頂上を目指した。
しかし、頂上には着いたものの富士はどこにあるのか霞んでさっぱり見えない。
頂上の茶店で聞くと「夏はなかなか見えないよ」と言うことだった。
真冬に来れば天気のいい日には間違いなく見えると茶店の金時娘が教えてくれた。
この時はじめて天気が良くても夏は霞んで見えないことを知る。
しばらく山頂で霞んで見えない富士の方向を眺めていたが下山することにした。
汗だらだらで登っただけにガックリきていたが
中腹でこの景色に出会い
登山道の下の傾斜の少ないところにイーゼルを立て
ペットボトルの水を飲みながら描いた。

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2017-02-27 12:44 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

アトリエにあるこの吉岡先生のモンマルトルの絵は1974年に僕のところにやって来た。僕の人生の転機に吉岡先生のお姉さんが僕にお祝いをくれると言うことになり、「何が欲しい」と聞かれたので僕は、当時お姉さんが経営する銀座の店に掛けてあったこの絵を見て「この絵が欲しい」と言ったのだった。42年も前の話だが、僕は吉岡先生の絵も人柄も好きだったのでそう言った。それから20年後、僕も絵を描きはじめる事になるのだが、その時はまさかである。今年で僕の個展も第22回目となるが、この絵は僕の守護神のようにいつもアトリエで見守ってくれている。
a0086270_11144572.jpg

a0086270_11142188.jpg




にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-02-04 12:09 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

♪能登はいらんかいね〜ふるさと能登はヨー。僕は1994年(平成5年)3月29日、坂本冬美さんの歌でおなじみの「能登はいらんかいね」の作詞家、故岸元克巳さんのスタジオに遊びにいった。当時僕は歌謡曲や演歌の作曲をやっており、弟子の園田雄司君の第二弾にふさわしい詩をさがしていた。そんなことでスタジオを訪ねたのであったが、行ってみてびっくり、紙また紙の山で、原稿用紙ではなく、黒い紙があっちこっちに散らばっていた。それを見て驚いた様子の僕に「僕は作詞家でもあるが斬り絵作家でもあるんだよ」と言うではないか。いろいろな作品を見せてもらってるうちに身体が熱くなって来て「そうだ俺にも絵があったんだ」と心の奥底に封印していたものが蘇って来た。僕は本当は音楽より絵の方が好きだったのだ。

これは岸元克巳さんの色紙、彼の個展記念にいただいたもの。
a0086270_13443476.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-01-24 13:45 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

絵描き宣言をした以上、のんびりとはしていられない、さっそく色々な美術雑誌、画集、美術書など、あらゆる専門書を見て自分の好きなタイプの絵を探した。僕の好きな描き方の先生にこだわった。色々な絵を見ていくうちに、僕の好きなタイプの絵を描く2名の画家(先生)が見つかった。一人は神奈川在住、もうひとりは東京在住の先生。しばらくはどちらの先生にするか迷っていたが、どちらかと言うと海の絵のパステル画の先生の絵がより心に響いていたので、その先生に電話をすることにした。
美術年鑑を見ると、すごい先生だ。これは断られるかも知れない。そう思いながら電話をかけてみた。「はい井上ですと」奥様が出られて、先生は今ふるさとの松山で個展開催のため帰省しているとの事だった。とりあえず僕の希望を伝えたが、やはり個人的な弟子は取っていないとの事だった。しかし、ある絵画グループの指導していて、そちらに聞いて見て下さいとのことで、役員3名の電話番号と教室となる会場へのアクセスを教えていただいた。僕としては個人指導をお願いしたかったのだが、仕方がない。後日、絵画グループの役員さんに電話をすることにした。
a0086270_10295075.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-03-08 10:33 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

友人の美山深さんとは僕が絵を描き出した頃、画材屋さんの紹介で知り合った。以来、彼の個展にはほとんどと言っていいくらい僕は顔を出している。(夏の軽井沢にも行ったな〜)彼もまた僕の個展にはよく来てくれている。彼は画家でもあるがバイオリン奏者でもあり、バイオリンの製作者でもある。何度かギャラリーで演奏を聞いたことがあるが、本当に素晴らしい。また、QRコードを絵に組み入れてしまうと言う技も持ち合わせており話題になった。
彼はアクリル絵の具についてもメーカーの人より詳しいな〜と思う程で、僕は当初、彼によく聞いていた。油絵の具についても詳しく、よく対比して教えてくれた。感謝!

美山深さんプロフィール(月刊ギャラリー アートの森)

美山深さん(右)と彼の作品の前で (年号、ギャラリー不明)
a0086270_13465413.jpg

この絵(200号)を描いた時は某醤油メーカーの倉庫で描いたとの事だ。2000年ギンザギャラリーハウスで
a0086270_13472633.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-01-23 14:50 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

この時、僕は石垣島に直行便で行き、まずは竹富島に渡った。竹富に3泊して、その後、名護2泊、那覇2泊、後は親戚宅に泊めてもらい10日間ほど沖縄を描いた。親戚以外はいずれもゲストハウスに泊まった。当時ゲストハウスの料金は一泊1500円〜1800円(キッチン、シャワー共同)と安く、そのころの沖縄には離島を含めてゲストハウスは140カ所あり、行きたい場所を検索すれば必ず何軒かのゲストハウスが見つかった。安い事もあるが、長く居るにはこの方が僕にとっては気が楽でいいな〜と思っていた。ゲストハウスはもちろん初めてだったが、若い頃からキャンプが好きだったので、行く前からどんなのかなと楽しみにしていた。竹富のゲストハウスに着いてから、まず最初に自炊しようと米屋を聞いたが米屋はなく、2つある民宿の売店で買えるとの事で、さっそく買いに行った。ところが2〜3キロのはなく、10キロの物しかなかった。10キロ?と驚く僕に民宿のおじさんは心得ていて、半分にして売ってくれた。しかし、多いな〜と思いながらも、缶詰や、もろもろおかずになるような物を買ってハウスに帰った。一人の食事だが、米がたくさんあるので、僕は5合の飯を炊いた。誰か食べるだろうと思い、自分が食べるもの以外はおにぎりにして大皿にもり、テーブルに置いておいた。ご飯を炊く者は僕以外にはなく、カップやパンの若者が多かった。たぶん僕が最年長者だったのだろう。しばらくすると宿泊者同士が集まり宴会がはじまった。僕は先ほど買ったおかずやポテトチップなど、つまみになるような物を提供した。みんな最初は自前の缶ビールなど飲んでいたが、ある女性が消えたと思ったら何処かで手に入れた請福(泡盛)の一升瓶を持って帰って来た。それをみんなでご馳走になりながら大盛り上がり、おひらきになる頃は僕の作ったおにぎりも完売した。
ヤモリの子守唄(鳴き声)を聞きながら寝たせいか、あくる朝は目覚めもよく、スケッチブックを持って島中を歩き回った。見晴し台からの風景、西浜からの風景、牛車のある風景など、ほとんど赤瓦の屋根なので絵になるスポットがたくさんある。竹富に三泊した後、石垣から那覇に飛び、バスに乗り継いで名護に行った。名護のゲストハウスはプライベートビーチあり、カヌー乗り放題など設備もよく、マリンスポーツをやる人にとっては最高だ!気に入って住み着き、ハウスから勤めに出る人も二人ほどいた。名護ではビーチ以外に、今帰仁城に行くくねくねとした旧道を一人で登った。那覇のゲストハウスは那覇のど真ん中にあり、夜はどうしても街に出る事に・・・

竹富 F8
a0086270_2242091.jpg

沖縄そば屋 F6
a0086270_22143154.jpg

名護ゲストハウス F50
a0086270_22372351.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-01-21 22:56 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

朱彩展は1999年に第3回が開催され、僕も「真鶴港」F30号を出させていただいたが、4回目はいつ開催されたのか手帳にも記載はなく、僕が出品した形跡もない。この第5回目には、2000年7月に行って描いた「尾道」F30号と2002年6月16日に現場で描いた「真名瀬」F30号を出品させていただいた。開催会場は東京駅の八重洲南口にある三興画廊だった。因みにこの年の僕の個展はまだ海の日からではなく、4/29日〜5/5日(銀座月光荘)僕の誕生日(4/30日)をはさんだ開催だった。この翌年の2003年からは海洋画家を意識して海の日からの開催とし、今年で13年目となる。

尾道 F30
a0086270_12354310.jpg

真名瀬 F30
a0086270_12364927.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-01-18 13:28 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

この年、絵のまち尾道四季展というのがあるのを知り、尾道に行ってみたくなった。と言うのは僕を育ててくれた祖母が尾道の出身(生まれは因島)だったので、いつか行ってみたいなと常日頃から思っていたのだ。宿にキャンバスほか画材、衣類など必要な物はすべて送りつけ、2週間滞在して描きまくった。
実は子供の頃に一度、祖母と一緒に広島の親せきに行く事になり、列車に乗って出かけたのだったが、伊勢湾台風にぶつかり、途中で帰らざるをえなかったと言う出来事があった。そんなこともあり、どうせ行くなら思う存分、尾道を描きたいなと思い、駅近くのホテルに宿泊、毎日キャンバス、絵の具箱、イーゼルをもって現場に出かけ、真夏の尾道を描いた。この頃の僕は完全なベジタリアンで野菜と海藻しか食べなかった。そんなことで家から持って行った唐辛子入りの味噌と主にフランスパンやコンビニのおにぎりで過ごした。あとはトマトやきゅうり、レタスなどの生野菜、豆腐などを食べていた。宿ではポットにお湯がいつもあるので、持参の味噌をお湯で溶かし、わかめや豆腐を入れ、みそ汁にして飲んだ。たまに他のものも食べたくなった時や、出先で仕方のない時は、店のうどんやそばも食べた。もちろん、つゆは全部残した。回りの者は食べる物も食べないで、尾道の暑い夏に耐えられるのかと心配してくれていたが、なんともなく元気そのものだった。ただ、熱中症が恐かったので、現場では吹き出る汗をタオルで拭きながら、欠かさず水を流し込んだ。汗を拭く、水を飲む、また、汗を拭く、水を飲む、大きなペットボトルの水を何本も飲みながら、まるで格闘技のような感じで描いた。

この時描いたリスト(手帳に記していたもの)

7/15日 F15号 尾道(千光寺 鼓岩下)
7/16日 F10号 尾道
7/17日 F6号  太陽と船
7/18日 F8号  鞆の浦
7/19日 F6号  大浜崎灯台(向島から因島)
      F4号  新尾道大橋
7/20日 F30号 尾道
7/21日 F15号 新尾道大橋
7/22日 F10号 尾道水道
7/23日 F8号  呼子丸と渡し船
7/24日 F6号  船着場
7/25日   (この日は20日に描いた30号を宿で仕上げたようだ)
7/26日 F30号  新尾道大橋
 
                    新尾道大橋 F4
a0086270_1617140.jpg
       
            
                    尾道水道 F10
a0086270_1643710.jpg

            

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-01-17 16:32 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

この作品は1999年8月7日(土)〜15日(日)まで、ロイヤルサロン銀座で開催された第3回朱彩展に出品した時の作品。絵を描きはじめて4〜5年たった時のものだ。僕は1年で、師の井上和先生が指導されていた絵画グループをやめていたので、お断りしたのだが、井上先生に師事した人、ゆかりの人、皆さん出品資格があるとのことで、僕もベテラン勢にまじって出させていただいた。今では思い出多き絵となっている。
a0086270_22261451.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-01-17 10:45 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

吉岡耕二展
1998年11月27日(金)〜12月9日(水)
渋谷のBunkamura Galleryで開催。
僕は絵を描き出してから3〜4年ぐらいたったころだと思う。手帳を見ると開催期間中の12月5日(土)、6日(日)のところに印がある。このどちらかの日に行ったのだろう。パンフレットを見ると、この時、吉岡先生はニューヨークを取材して描いたものを中心に、パリ、ヴェニスなどの油彩を40点、オイルオンペーパーを20点、展示したようだ。(写真はその時のパンフレットと僕が求めた画集です。)
会場にいた先生は、先生のお姉さんから僕が絵を描き始めた事を聞いていて、僕に「なんでまたそんなこと始めたん」と言った。音楽をやっていた僕が、急に絵をやりはじめたので心配してくれたのだろうが、僕は返事が出来なかった。意外な言葉に心の中で「こうちゃんは絵描きやろ!」と反発していた。(プライベートでは先生のことをこうちゃんと呼んでいた)僕は吉岡先生には直接指導はうけていないが、一番影響を受けている。色彩は固有色にとらわれないでいいんだということを、先生の絵から学んだ。
a0086270_13501553.jpg

a0086270_13503755.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2014-12-27 13:51 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)