三遊亭喜八楽

知人の三遊亭喜八楽師匠が「せいわ寄席」出演と言う事で出かける。長年、寄席などに行くと言う事もなく過ごしていたが、数年前から喜八楽師匠と知り合い、ファンの一人となる。今日は文違いと言う古典を聞く。
a0086270_1718985.jpg

郭話しで遊女のお杉という女性を巡り、角蔵、半七、芳次郎といった人々が織りなす話しで、だましのやりとりが面白い。また師匠の遊女そのものと言う声、女のしぐさ最高でした。
トラックバックURL : https://taiyoart.exblog.jp/tb/7184917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 岩田和彦 at 2008-06-12 23:04 x
いいっすね!
貴兄噺家さんの肖像画のジャンルも広げていってみては如何でしょうか?
お後が宜しいようで・・・?
Commented by taiyoart at 2008-06-13 00:14
おもしろいですね。話の中の登場人物を描くのも面白いかも、でも腕に問題ありですね。描けない!
by taiyoart | 2008-06-06 17:38 | Trackback | Comments(2)