洋画家 美崎太洋の遊画遊彩

taiyoart.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

演歌を聞く

アトリエ近くの立ちのみに行く。いつものレモンハイとつまみを頼み、飲みはじめる。初めカラオケが回っていたのだが、突然、私の曲が流れ出したので驚く。去年の10月ごろ、引っ越し作業時に出てきた2〜3枚のCDを渡してあったのをかけてくれたのだ。女の子守歌 誰故草 鬼怒川しぐれ 恋ぼたる など、平成の2〜5年頃の作品だ。なかなかいいとの評判でついついピッチが上がる。ひじょ〜にうれしかった。またまた驚いた事に、お客さんの中に一人カラオケを回して歌詞カードの譜面を見ながら唄いだした人がいた。これにはさすがの私もびっくり。マスターが明日から通りに流して宣伝してくれると言う。誠にありがたい事だ。火がつくかもよと夢のある言葉もプレゼントしてくれた。久しぶりに自曲に酔いしれ、終電に乗ろうと店を出た。その時、あれ、これが千鳥足か・・・
トラックバックURL : https://taiyoart.exblog.jp/tb/5216988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とくちゃん at 2007-03-10 00:39 x
自分の曲が流れてくるなんて、そりゃー酒が進みますね。
どんな曲か聴きたいですね。
今度、機会がありましたらぜひ、TAIYOさんの生歌聞かせてください。
Commented by TAIYO at 2007-03-10 01:31 x
♪とくちゃん
私は作詞や作曲なので(どちらかと言えば作曲が専門)歌はほとんど唄いません。申し訳な〜い。
Commented at 2011-05-30 12:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by taiyoart | 2007-03-09 00:54 | Trackback | Comments(3)

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、絵手紙等の展覧会情報など。


by TAIYO