洋画家 美崎太洋の遊画遊彩

taiyoart.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

絵ごよみ随想・大洋展初入選

第17回大洋展1995年(平成7年)11月25日〜12月1日まで開催。
この年は1月から井上 和先生の指導を受け、4ヶ月で個展を開催。(先生には事後承諾)大洋展に初入選と、かなりパワーを出した。絵を描けることがうれしくて自然に描きまくったのだのだが、大洋展に出品するために僕はF50号の絵を2週間で4枚描いた。その内の2枚を出品したが、一番最初に描いたこの作品が入選した。1枚で良かったのだろうが、描かずにいられず50号のキャンバスを現場に持ち込み描きまくった。井上先生は後日「お前はあの時死に物狂いだったな」と言われた。いま考えると確かに死に物狂いだったのだなと自分でも思う。今より20歳若いので当然かもしれないが・・・

絵ごよみ随想・大洋展初入選_a0086270_1243638.jpg
福浦の防波堤から描いた。
絵ごよみ随想・大洋展初入選_a0086270_1224766.jpg
右は琉球舞踊家の崎山陽子さん
絵ごよみ随想・大洋展初入選_a0086270_1229178.jpg
中央が僕が絵描き宣言をした店のオーナー故大嶺ヨシ子さん(画家の故大嶺政寛さん、大嶺政敏さんとご兄妹)
大嶺さんはお亡くなりになるまでの間、毎回僕の個展に来てくれていた。通称、壷屋のおばちゃん、この方と岸元克巳さん(作詞家、斬り絵作家)とご縁を持てたからこそ絵描き宣言に至った。師匠の井上先生とこのお二方は大の恩人である。



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


トラックバックURL : https://taiyoart.exblog.jp/tb/20503497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by taiyoart | 2014-12-12 19:21 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、絵手紙等の展覧会情報など。


by TAIYO