木版画・年一だが今年は念入りに彫刻刀を研いだので彫りやすかった。

太洋流 木版画の彫り方 (その2)

絵の方が大体彫り上がったので、カーボンををはさみ摺って様子を見ることに。(墨で摺りたいところだが、この後、文字を彫る都合上、また絵の部分の彫り残しなど彫る場合、水気は禁物なのでカーボンで摺る。)
a0086270_020509.jpg

絵の方の彫りは良さそうなので、文字を彫って、筆ペンの墨を塗り摺ってみる。
右の親の字の見るの所を、すぱっと行き過ぎ、削り取ってしまった。失敗!
a0086270_0294797.jpg

仕方なくボンドで埋めて修正する。
a0086270_040873.jpg

本格的に全体に墨をつけ、試し摺りをする。
a0086270_0434081.jpg

大体良さそうなので、動かないように版木の回りを釘で固定する。
a0086270_0454729.jpg

ポスターカラーと水でゆるめた自然のり適量をローラーで混ぜ、版木にのせる。
a0086270_0512660.jpg

のりとポスターカラーの混ぜ具合、その他気なる所はないかチェックする。
良ければ調子を崩さないようにしてどんどんと摺る。
それでも版木の状態、墨の状態が変化して崩れて来るので
紙はかなり多めに切っておく必要がある。
a0086270_058355.jpg
 
摺り上がれば充分乾いてから、透明水彩で彩色する。
a0086270_1102228.jpg

必要に応じてタイトル、サインやエディションナンバーを入れる。
a0086270_1235183.jpg

天女(銘苅子(めかるしー)より)について

銘苅子は沖縄の羽衣伝説を戯曲化したもので、農夫・銘苅子は小川で水浴びをしている天女を見て魅せられ、
松に掛けてあった羽衣を隠し、我が家に連れて帰る。
やがて夫婦の縁を結び二人の子供にもめぐまれるが、ある日、子守唄から羽衣の隠し場所を知る。
天女は天の掟でいつまでも下界にいることは出来ないと言って、天に帰る事を決意、羽衣を身にまとう。
二人の子供は「やあ母親ゆ(やあふぁうやゆ)」(ああおかあさんよー)と叫ぶがついに振り切って昇天する。

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://taiyoart.exblog.jp/tb/16038984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とくちゃん at 2012-08-27 18:21 x
色が入ると雰囲気がガラッと変わりますね。

おかあさん里帰りでたまには戻ってくるのかな?(微笑み)
Commented by taiyoart at 2012-08-28 00:07
どうかな〜。この物語、後編はあるのかな〜。
里帰りのシーンもあるといいですね。
by taiyoart | 2012-08-27 01:50 | 版画 | Trackback | Comments(2)