一閑張り

一閑張りを作った。
友人の娘、琉那(リナ)ちゃん(10歳)にプレゼントの
お菓子を入れるものとして作った。

作り方
①ザルに和紙を貼る。(米の粉で作った糊がいいと思う)
②乾いたら絵を描く。
③絵が乾いたら柿渋あるいはニスを塗る

今回の場合
①ザルに版画の試し刷りや、刷りがうまくいかなかったもの
カットした切れ端など、和紙を貼ったものがいくつかあったのでそれを使用。
②もう乾いているので、いきなり絵を描く。
③描いたものを一晩おき水性のツヤ出しアクリルニスを塗る。
(急ぐ場合はドライヤーで乾かす)

※通常は柿渋を塗るのが普通と思うのだが
子供チックなおもちゃのように行きたいのでニスにした。
左に琉那(ルナ)と篆書で名前を入れた。
a0086270_11484067.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-12-12 12:38 | 美崎太洋個展ほか | Trackback | Comments(0)

陶芸で遊ぶ

陶芸は以前、友人の陶芸家のアトリエで3点ほど器や
ぐい呑を作らせていただいて以来のチャレンジだ。
下の写真は10月から近くの陶芸教室で10点ばかり製作
二、三日前に焼き上がったものだ。
おおざっぱな行程は
①土をこねて形をつくる
②干す
③下焼き
④絵付け
⑤釉薬を付ける
⑥本焼き
この度、ロクロを使ったのは初めて(以前は手びねり)だったが
色々な道具の使い方など指導を受けながら慎重に作業をすることで
なんとか薄く削ることが出来た。


手びねりで作ったコーヒーカップ
左のカップの取っ手は少しとんがりすぎたな〜。
a0086270_14340586.jpg

ご飯茶碗
これはうまくロクロを回しながら削ることが出来たが
少しまだ底近くは厚いようだ。
a0086270_14345449.jpg

向かって左は手びねり、右はロクロを使って削った。
(ロックグラスの代わりに使おうと思っている)
a0086270_14351889.jpg

手びねりのロック茶碗
真ん中ものは最初かげんが分からず分厚くなったので凄く重い。
a0086270_14355065.jpg

これは友人のために作ったビール茶碗
ロクロで薄く削った。
a0086270_14361670.jpg
裏にも何か書かないとさみしいので
沖縄出身の彼にふさわしく
島人(シマンチュウ)と書いた。
これでオリオンビールを飲むとのことだ。
「うれしいな〜」
a0086270_14363969.jpg







にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-12-11 15:48 | 美崎太洋個展ほか | Trackback | Comments(0)