ブログトップ

洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記

taiyoart.exblog.jp

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日は何年ぶりかに品川にある六行会(りっこうかい)ホールで開催の江戸里神楽を観る会に行く。
演目は
○熱田神剣
○神楽囃子
○品川神社太太神楽「八剣の舞」
○綱引醜女

熱田神剣(あつたしんけん)は熱田神宮の宮司から「草薙の剣」を守護するように申し付けられた二人の宮守が剣を見張っていたが、新羅の沙門道行(しゃもんどうぎょう)と言う僧が現れる。道行は剣を盗み取ろうと神官に変装したり、釣り針にひっかけて盗もうとしたり、あの手この手と実行するのですが、うまく行きません。最後には仲直りの印にと道行が持って来た献饌のお酒を、官守たちは飲んで酔いつぶれます。この隙に道行は剣を盗むことに成功。盗まれたことに気づいた官守たちは取り返そうとしますが、剣の魔力に屈してしまいます。立ち去ろうとする道行ですが、やはり最後には剣の魔力で引き戻され、気を失い、官守にいやと言う程、懲らしめられてしまいます。
a0086270_1957291.jpg

a0086270_19582569.jpg

a0086270_2048454.jpg


神楽囃子
a0086270_2015359.jpg

品川神社太太神楽「八剣の舞」
a0086270_20141283.jpg

a0086270_20545985.jpg

a0086270_2114487.jpg

a0086270_2043290.jpg

a0086270_2034092.jpg


綱引醜女(つなひきしこめ)は伊邪那美命が死に、悲しんでいる伊邪那岐命のもとに美しい女神が現れ、女神は伊邪那岐命の悲しみを癒すために舞を舞います。最初は静かに舞っていた女神ですが、次第に様相がおかしくなり、鬼女になります。この女神は亡くなった伊邪那美命の化身で、伊邪那岐命が持っている真澄の鏡を奪う為に黄泉の国からやって来たのでした。伊邪那岐命は女神の邪気に当てられ、真澄の鏡を奪われそうになりますが、危うくも難を逃れます。伊邪那岐命は久那戸神(くなとのかみ)を呼び、鬼女を退治するよう命じます。久那戸神は鬼女を追って生と死の境め黄泉比良坂(よもつひらさか)にたどり着くと、綱が足に絡みつきます。不思議に思った久那戸神はこの綱を引っ張ります。すると黄泉醜女(よもつしこめ)たちが現れ、争いとなります。争いの最後に、伊邪那美命は伊邪那岐命に向かって「お前の国の人間を一日千人殺してやる」と言います。すると伊邪那岐命は「それならば私は一日千五百の産屋を建てよう」と言います。この後、伊邪那美命は久那戸神によって退治され、黄泉の国へと去って行きます。

女神が・・・
a0086270_209559.jpg

鬼女に・・・この面のかぶり変えの早さがすばらしいです。
a0086270_2016181.jpg

また女神に・・・
a0086270_21514314.jpg

久那戸神
a0086270_21561262.jpg

伊邪那美命が久那戸神によって退治されるラストシーン、右は伊邪那岐命
a0086270_2233373.jpg

参考:プログラムの解説


にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

にほんブログ村
by taiyoart | 2013-03-17 22:44 | 能・狂言・神楽・舞踊・太鼓 | Trackback | Comments(0)
昨日は東京中国文化センターで開催の烏里烏沙(うりうさ)氏の写真展に行く。
写真はすべて手すき和紙にプリントされていた。技術もさることながら、仕上りは絵画のような風合いで、味わい深く僕の好みだった。
秘境チベットの厳しい自然の中で暮らす人々、美しい山々、マニ車を回す老人や山の壁面に虫干しする絨毯のような布で出来た仏様(横巾は80メートル縦の長さはそれ以上)、テントで建てられた寺院、五体投地など宗教的な物など、十数年の歳月をかけて撮影された中から、よりすぐりの66点が展示されていた。
見応えありますよ〜。22日(金)までの開催ですので、興味のある方、ぜひ、お運び下さい。
a0086270_22222780.jpg
トークショーで写真について説明する烏里烏沙氏

a0086270_0445656.jpg
大きな和紙にプリントされている山嶺

a0086270_22255513.jpg
麦の収穫 (こんな風景、子供のころ見たな〜)

a0086270_22304689.jpg
金や宝石など全財産を身にまとった娘さん

a0086270_22384359.jpg
農作業から帰る牛と若い夫婦(この写真、僕の好みでした)

a0086270_2243234.jpg
左から①人が住むのが難しい5000メートルもの高地に住む老婆 ②ヤクか何かの糸を紡ぐ少女 ③ファッショナブルな青年、顔には紫外線よけの油を塗っている ④一人で荷物を運ぶ幼いこども、休憩のひと時

a0086270_2345832.jpg
おめでとう!(閉館後、ある料理屋で)
 
a0086270_233530.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by taiyoart | 2013-03-13 23:14 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
by taiyoart | 2013-03-07 12:54 | Trackback | Comments(0)