竹に篆書で書く

竹製の携帯ストラップ用ネームプレートを製作、篆書で名前を書く。
一度にこんなにたくさん作るのは今回が初めて。
文字を書くのは時間はあまりかからないのだが、
大きな竹から小さなプレートまで仕上げるのに結構時間がかかる。
興味のある方はぜひ作ってみて下さい。

作り方
①大きな枯れた竹を適当に割り、おおざっぱに磨いておく。
②縦3.5㎝横1.3㎝位のサイズに細かく切る。
③小刀で割り口を整える。
④バイスに挟みヤスリがけのあと、ペーパーで仕上げる。
⑤ドリルで穴を開ける。
⑥アクリル絵具で表に名前、裏に姓を書く。(例外も有り)
⑦乾いたら保護用にアクリル塗料やニスなどを塗る。(水溶性が使いやすい)

a0086270_1361517.jpg


使用辞書 篆書小辞典(株式会社マール社)
by taiyoart | 2007-11-24 11:09 | Trackback | Comments(6)

●2007年11月1日(木)〜11月15日(木)
 10:00〜17:00最終日14:00まで
●画廊喫茶あすなろ
〒722-0014尾道市新浜1-12-13 
       TEL(0848)25-2315
a0086270_12434990.jpg

by taiyoart | 2007-11-18 12:47 | 個展案内 | Trackback | Comments(0)

羅漢さんに彩色

a0086270_1925401.jpg

a0086270_19281127.jpg

先日、川越は喜多院で描いて来た羅漢さんに彩色をする。
使用絵の具・・・岩絵の具の白緑を膠で溶き使用。
墨・・・・・・・ぺんてる筆の青墨を使用。
by taiyoart | 2007-11-09 19:40 | 美崎太洋個展ほか | Trackback | Comments(6)

と き 平成19年12月9日(日)
開 演 午後2時(開場午後1時15分)
ところ セルリアンタワー能楽堂  渋谷駅より徒歩5分
主 催 善竹富太郎

お問合せ 善竹狂言会 tel ・fax 03-3467-2626

a0086270_11185675.jpg


                番 組

おはなし         善竹富太郎

鏡男(かがみおとこ)   善竹大二郎  大蔵教義

悪太郎(あくたろう)   善竹富太郎  善竹十郎  善竹大二郎

※詳しくは善竹富太郎さんのホームページをご覧下さい。
by taiyoart | 2007-11-09 12:03 | 能・狂言・神楽・舞踊・太鼓 | Trackback | Comments(0)

日時 11月18日(日)
場所 シアターアップル(新宿コマ地下)
   昼の部13時開演
   夜の部17時開演
チケット  前売り¥3,000 当日3,500
主催 沖縄県人会
   TEL03-3281-4320

14団体が出演
a0086270_9402114.jpg



 
by taiyoart | 2007-11-06 09:50 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

a0086270_21125765.jpg

大崎ウエストギャラリーに北川ふぅふぅさんの絵手紙を見に行く。会場に入るやいなや大きなロボットが出迎えてくれた。楽しく、嬉しくなる作品だ。このロボットはやさし〜い。次いで定番の絵手紙が並び、正面の壁面には大作が右隣の部屋までずらりと並ぶ。誘われるように右の部屋に入ってびっくり、左右の壁面にはなんと目が回る位おびただしい数の絵手紙、しかし、マットの色でお二人の作品が色分けされており見やすい。右、入り口のテーブルには字手紙、正面奥にはストーリー性のあるふくろうの作品群。絵本のように次々と追いながら見入ってしまう。もう一つの部屋奥には抽象的な手法の作品と誠に多才である。すごい数の作品群だが良く見ると、見やすく分類、整理された展示方法だ。ひと回りした後にもう一度コーナー別にゆっくりと見させていただく。子供の頃から現在に至るまでの情景や心情描写と思えるもの、感謝の言葉、小動物やロボットなどの物語り、メッセージ色のあるもの、絵手紙だけの枠にはまらないアートなチャレンジ・・・お二人の暖かいお人柄が伝わる素晴らしい絵手紙展だった。
特に気に入った言葉は「みんな飲みこんだらええやん」これ最高!でした。
「よっしゃ何でも吸収したろ。」たいよう。笑・・・
a0086270_22495661.jpg
a0086270_22505683.jpg
a0086270_22513541.jpg

今日から9日まで開催。 ぜひ、お運びを!
by taiyoart | 2007-11-04 23:42 | 絵手紙 | Trackback | Comments(6)

羅漢さん

a0086270_138816.jpg川越は喜多院に五百羅漢を描きに行く。(五百羅漢HP)2008年の羅漢さんカレンダーを製作の為だ。今頃の時期、追い込まれて訪ねるのが恒例となっている。雨が降りそうな感じだったが、今日をのがしては何時になるか分からないので、傘を持って出かける。午後1時頃から4時頃まで描く、何とか降られずに済んだ。
by taiyoart | 2007-11-03 02:05 | 絵手紙 | Trackback | Comments(2)