ブログトップ

洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記

taiyoart.exblog.jp

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0086270_959324.jpg
第10回絵だより大好き展
6月14日(木)〜20日(水)
御堂筋ギャラリー
大阪市中央区道頓堀2ー2ー2
TEL06ー6211ー7787

第5回スケッチ散歩展
6月14日(木)〜19日(火)
ギャラリー香
大阪市中央区道頓堀1ー10ー7
TEL06ー6212ー7750




オシャレな画風で多才なアーティストそわ絹江さんの絵だより展とスケッチ展のダブル開催です。すぐ近くのギャラリーですので2カ所お楽しみ下さい。


a0086270_10561415.jpg
by taiyoart | 2007-05-31 10:18 | 個展案内 | Trackback | Comments(2)
a0086270_15415838.jpg
今日は月光荘に行く。一年振りに岡澤みさをさんの絵を見る。所属の帆美展にもここの所、ご無沙汰しているので昨年の個展以来だ。油彩と水彩の両方が展示されていたが、どうしても油彩の方を中心に見てしまう。いつものようにカラフルで大胆な色面、パンチのある絵だ。今日で最終日とあって、一般のお客様、アトリエやツアーの生徒さんと大勢のファンでいっぱいだった。
a0086270_16111525.jpg

「ここ月光荘は7月16〜22日の間、第13回美崎太洋個展です。よろしく!」
by taiyoart | 2007-05-20 16:17 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(2)
a0086270_10151126.jpg

知人の後藤乃婦子さんの陶展が行われている熊谷守一美術館3F ギャラリー榧(かや)に行く。地下鉄有楽町線は要町駅下車出口2
前回の個展時は美術館の場所がよく分からず、迷い道した為、ずいぶんと駅から遠く感じていたのだが、以外と近かった。前回ギャラリーは2階だったのが3階に変わった。1階2階は熊谷守一美術館(1階だけだったのをフロアーを広げたらしい)3階に上がると後藤ご夫妻が迎えてくれた。ご主人は私を伊豆半島一周の旅に連れて行ってくれた人物。お陰でスケッチの場所探しの手間を省け助かっている。挨拶はほどほどに作品を見せていただく。大皿、小皿、花瓶、壺、電気スタンド、人形など幅広い作品群だ。上野の東京都美術館で拝見する時はいつも大作だが、個展ではいろいろな小品や遊びごころのある作品に出会うことが出来るので楽しい。
a0086270_1133439.jpg

ギャラリー榧(かや)6日(日)まで
10:30〜17:30
最終日16:00まで
豊島区千早2-27-6
TEL03-3957-3779
by taiyoart | 2007-05-04 23:12 | 陶展 | Trackback | Comments(0)
a0086270_16253436.jpg

今日は「第19回五月会油絵展」に行く。有楽町駅下車。作家の野村さんに会うのも楽しみだが、どんな絵に会えるかなとこちらも大いに楽しみである。急ぎ足でギャラリーに向かう。今まで富良野、八ヶ岳、大津(茨城)の港など良い絵を見て来ただけに期待は大きい。ギャラリーに着くといきなり「野村さんいる?」と言ってしまった。(先に絵を見ろよTAIYOさん)姿は無いはず、食事に出かけたとのこと。絵をゆっくりと見させてもらう事に。今年はなんと一番難しいと言われる富士だ。何とも言えぬ美しい色使いの富士、すそ野からピークまでのなだらかなスロープを目で追ってみるとそこに佇んでいるような臨場感にとらわれる。「俺もここで描いてみたい!」と思った。しばらくして、人物、風景、静物など、他の会員の方の作品を眺めていたら、野村さんが食事から戻って来た。普段は会わなくともうれしいもんだ。おう!と言うだけなのに二人ともにこにこである。さっそくスケッチの場所などを聞いてみる。なんと山梨の一色村とのこと。富士宮の「みちの駅」からの富士も良いと教えてくれた。北海道にいながらも凄い行動力だ。この次はどんな絵を見せてくれるか楽しみだ。
by taiyoart | 2007-05-03 17:46 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(2)