ブログトップ

洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記

<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

仁右衛門島

太海にある仁右衛門島に渡る。何度も絵を描きに来たことはあるが渡って島めぐりをしたのは初めてだ。仁右衛門島は小さい島だが歴史的に興味深い。島主は「平野仁右衛門」さんで代々襲名しているとの事。昔、石橋山の戦に敗れた源頼朝をかくまい、その後、巻き返し鎌倉幕府を開いた頼朝から保護を受け、漁業権を与えられたと言われている。
今回は絵の取材ではなく、普通の団体旅行なので鴨川グランドホテルに泊まったが、絵の時は安井曾太郎ほか画家ゆかりの宿江澤館に泊まることにしている。その江澤館の前の船着き場から昔ながらの二丁櫓の船で約5分で着く。海がきれいな名勝地、近くに太海フラワー磯釣りセンター、鴨川シーワールドがある。
a0086270_958546.jpg

by taiyoart | 2006-10-29 12:17 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

加藤孝一展に行く。

今日から加藤先生の個展なので出かけることに。各年の個展なので待ち遠しい。そのくらい私はファンなのだ。独特のクロッキーも凄いのだが、紙に墨と水彩、パステルほかでのミクストメディア、これが凄い。見て描くと言うのではなく、イメージを拡大していって人間の内面的なもの、男と女であったり、清らな童であったり、今年の案内状にあるように「煩悩無限」的な、果てしない人間の性をワトソン紙にたたきつけるように描いている。エネルギーを爆発させているのだ!
a0086270_18544046.jpg














11月1日(水)まで 飯田橋3-2-12ギャラリー52(ホテルエドモント前)
TEL03-5226-9271
ぜひ、見てもらいたいナー。
by taiyoart | 2006-10-27 19:14 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(2)

第7回 木曾一徳 絵画&作陶展

●2006年11月1日(水)〜11月15日(水)
10:00〜17:00
最終日 14:00まで
●画廊喫茶「あすなろ」
〒722-0014
尾道市新浜1-12-13 ☎(0848)25-2315

木曾一徳さんとは、私が2000年の7月に二週間ほど尾道にスケッチ旅行した時からのおつきあい。その時はいろいろと良いスケッチ場所を教えて頂いたり、小林和作の話しなど聞かせていただいたりと、楽しい思い出がある。
a0086270_10364926.jpg

by taiyoart | 2006-10-26 10:42 | 個展案内 | Trackback | Comments(0)

板橋区民祭

a0086270_18113511.jpg

今日は区民祭も2日目で最終日となるが、私は旧スタジオから新スタジオへすべての荷物の運び込み作業を終える。ピアノ以外はすべて台車で蟻のごとく、こつこつと何日もかけて運んだ。徒歩5分位と近い距離なので暇を見ては運び込んだのだ。今日、最後の荷物を運び込み、時計を見ると3時過ぎだ。あわてて神輿の揃う会場に向かう。友人の安藤氏が担いでいるはずなので見に行く。目立つ男と言えども沢山の神輿の担ぎ手の中、出会えるかなと心配していたのだが、不思議な位、すぐに分かった。
おっ!と声をかけただけで、今日は沖縄のブースで沖縄そばを食べようと先を急ぐ。たどり着いたがすでに売り切れ、知人から「遅い!」と怒鳴られる。しかし、板橋沖縄県人会会長に冬瓜のお土産を頂き、とぼとぼと帰る。かなり重い。途中、ハラペコなのでルチのブースで今日もカレーを流し込む。
by taiyoart | 2006-10-22 18:11 | Trackback | Comments(0)

板橋区民祭

a0086270_21291831.jpg

今日は引っ越しの残務整理の合間に区民祭りに出かける。阿波踊りの各連のパレードが続くのを見物する。みなさんトップを切る人はかなり上手だが粒揃いの連は少ない。30年位続いていると言う連がやはり一番良かったようだ。が、華より団子いつも行くバングラディシュカレーのルチがショップを出しているので食べに行く。チキンカレーとナンのセットで500円なり、安い!旨い!はやい!
by taiyoart | 2006-10-21 21:29 | Trackback | Comments(0)

ピアノ

a0086270_2351579.jpg

やっとピアノを運び込む。
狭い階段なので回るかどうか微妙と言いながらもピアノを立ててかつぎ、曲がった階段をうまく回してくれ、無事地下を脱出。新しいTAIYOスタジオに運び込まれた。めでたしめでたし。
今回ほど上がるかどうか心配したことはなかった。なぜなら、搬入時に業者の人から、「上げるときは絶対に私共に頼まないでくれ」と18年前に言われていたからだ。なので、無事に地上に出た時は感動した。苦楽を共にしたマイピアノが太陽の光を浴びていたのだ。この度のピアノ運搬の人には本当に言葉では言い表せない位、こころから感謝している。最高にうれしかった。
by taiyoart | 2006-10-17 23:05 | Music | Trackback | Comments(0)

加藤孝一 展

2006年10月27日㈮〜11月1日㈬
11:00AM〜7:00PM(最終日5:00PM)

ギャラリー52
東京都千代田区飯田橋3-2-12
☎03-5226-9271
a0086270_15243136.jpg


クロッキー作品他、紙に墨と水彩、パステルなどで彩色をした独特の抽象世界の作品があります。
by taiyoart | 2006-10-11 15:30 | 個展案内 | Trackback | Comments(0)

中野幸子 作品展

■平成18年11月22日㈬〜27日㈪
 10:00〜18:00
■中善画廊
 愛知県西尾市鶴ケ崎町4ー9
 ☎0563ー56ー0168

中野幸子さんは第47回彩日会展にて中善画廊賞を受賞し、この度、個展開催の運びとなったとの事です。おめでとうございます!

中野幸子さんのbloga0086270_1113583.jpg
a0086270_11134619.jpg

by taiyoart | 2006-10-11 11:19 | 個展案内 | Trackback | Comments(2)

讃岐うどん

窓を塞ぐベニヤ板を買いに行ったのだが1800㎜×990㎜のサイズがなく、注文して帰る事に。途中、目に飛び込んできたのが讃岐うどんの看板、ちょっと入ってみるかっと言う感じで入る。なにしろ初めてなのだ。店内は超満員、かなり待ち人が並んでいる。私も列に加わり見ていると、バイキングのごとくお盆を取り、水やトッピングの品々をお盆に乗せながら進んでいる。見よう見まね、私も同じように品々を乗せながら進んで行き、うどんはきつねの中を頼む。最後は先払いのお会計。お会計の間にもどんどん食べた人が帰って行く。なんだか急がされているようだが、本来うどんは流し込むものだろう。空いたテーブルに着き、さっそく一口、うま〜い!!!だしは鰹節といりこと書いてあったが、関西人にはこの薄味が一番なつかしくホッとする味なのだ。たまら〜ん。はやく作業にも慣れ、ゆとりをもつようになろうと思う。讃岐うどんは奥が深そうだ。
a0086270_198245.jpg

by taiyoart | 2006-10-08 19:17 | Trackback(1) | Comments(0)

引っ越し

新しい仕事場が決まり、準備に追われている。希望の広さはないが引っ越し期限の10月末迄には間に合いそうなのでここに決めた。14階建ての1階で、管理事務所、理事会の許可をいただきピアノ持ち込みに成功。騒音問題でほとんどのマンション、事務所ビルにも入れない状態のところ、特殊事情により入れる事になった。1階の角なのだが前庭があり道路から距離があること、サイドは駐輪場になっていて隣のビルまで距離があることなどの事情によりOKとなった。それでも防音対策は必要で、今日は駐輪場側の窓をふさぐことにしている。
18年間窓のない地下のスタジオから地上に出ることが出来たのでうれしい。ここも窓はふさぐ事にはなったが、入り口方向が全面がガラス戸になっているので、外の庭や道路を挟んだ向かいの店舗などが見えるのでホッとしている。人間らしくなってきた!
by taiyoart | 2006-10-08 09:24 | Trackback | Comments(2)

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。