ブログトップ

洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記

taiyoart.exblog.jp

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。

カテゴリ:絵ごよみ随想( 9 )

a0086270_12095669.jpg


金時山の中腹から見た風景だ。
絵を描き始めて4年目の夏、僕はある雑誌を見て
金時山から見る富士がすばらしいと言うことを知り
さっそく金時山の頂上を目指した。
しかし、頂上には着いたものの富士はどこにあるのか霞んでさっぱり見えない。
頂上の茶店で聞くと「夏はなかなか見えないよ」と言うことだった。
真冬に来れば天気のいい日には間違いなく見えると茶店の金時娘が教えてくれた。
この時はじめて天気が良くても夏は霞んで見えないことを知る。
しばらく山頂で霞んで見えない富士の方向を眺めていたが下山することにした。
汗だらだらで登っただけにガックリきていたが
中腹でこの景色に出会い
登山道の下の傾斜の少ないところにイーゼルを立て
ペットボトルの水を飲みながら描いた。

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2017-02-27 12:44 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)
アトリエにあるこの吉岡先生のモンマルトルの絵は1974年に僕のところにやって来た。僕の人生の転機に吉岡先生のお姉さんが僕にお祝いをくれると言うことになり、「何が欲しい」と聞かれたので僕は、当時お姉さんが経営する銀座の店に掛けてあったこの絵を見て「この絵が欲しい」と言ったのだった。42年も前の話だが、僕は吉岡先生の絵も人柄も好きだったのでそう言った。それから20年後、僕も絵を描きはじめる事になるのだが、その時はまさかである。今年で僕の個展も第22回目となるが、この絵は僕の守護神のようにいつもアトリエで見守ってくれている。
a0086270_11144572.jpg

a0086270_11142188.jpg




にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-02-04 12:09 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)
♪能登はいらんかいね〜ふるさと能登はヨー。僕は1994年(平成5年)3月29日、坂本冬美さんの歌でおなじみの「能登はいらんかいね」の作詞家、故岸元克巳さんのスタジオに遊びにいった。当時僕は歌謡曲の作曲をやっており、弟子の園田雄司君の第二弾にふさわしい詩をさがしていた。そんなことでスタジオを訪ねたのであったが、行ってみてびっくり、紙また紙の山で、原稿用紙ではなく、黒い紙があっちこっちに散らばっていた。それを見て驚いた様子の僕に「僕は作詞家でもあるが斬り絵作家でもあるんだよ」と言うではないか。いろいろな作品を見せてもらってるうちに身体が熱くなって来て「そうだ俺にも絵があったんだ」と心の奥底に封印していたものが蘇って来た。僕は本当は音楽より絵の方が好きだったのだ。

これは岸元克巳さんの色紙、彼の個展記念にいただいたもの。
a0086270_13443476.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-01-24 13:45 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by taiyoart | 2015-03-08 10:33 | 絵ごよみ随想
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by taiyoart | 2015-01-23 14:50 | 絵ごよみ随想
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by taiyoart | 2015-01-21 22:56 | 絵ごよみ随想
第29回日本の海洋画展(2014)出品作品 「江ノ島を望む小さな漁港」F100号。
20年間、漁港や海をテーマに数多くの作品を描いて来ましたが、お陰さまで今年は「日本の海洋画展」にも出品する事ができました。海の好きな僕にとっては最高のステージなだと思い喜んでいます。第20回美崎太洋個展の記念ともなりました。

第29回日本の海洋画展・海に生きる者の絵画展
■東京芸術劇場 5階展示ギャラリー1
 2014年8月4日(月)〜8月10日(日)
■北九州美術館・本館 市民ギャラリー
 2014年9月2日(火)〜9月7日(日)
a0086270_13473169.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2014-11-15 13:52 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(0)
a0086270_15392388.jpg

この絵は2002年第24回大洋展に出品したもの。(F80号)
この場所にあった東西プールの倉庫と船泊まりの一部が埋め立てられ、今は船が消えた。大好きなスケッチスポットだったのだが残念!(レンガの倉庫は健在)この年の夏、現場で描いた。横浜ものでは大洋展2作目の作品だった。同年、大洋会会員となり2005年まで出品するが、より羽ばたきたく思い2006年フリーとなる。今年は横浜開港150周年でもあり、横浜を例年以上に描きたいと思っている。どんな個展になるのか、こてんこてんになるのか?
by taiyoart | 2009-05-23 16:15 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(4)
a0086270_14245072.jpg

1995年大洋会「福浦港」についで
1996年(平成8年)第22回現代童画展に初入選の作品。同年7月6日に長者ヶ崎を後ろに葉山の海岸を描いたF50号。東京都美術館まで手持ちで搬入した事が思い出される。現代童画会
by taiyoart | 2009-05-12 15:02 | 絵ごよみ随想 | Trackback | Comments(2)