ブログトップ

洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記

カテゴリ:写生地( 35 )

写生地・越ノ潟(富山県)

高岡から万葉線(JR高岡駅から新湊市を経て越ノ潟へ至る路面電車)に乗り終点下車。
万葉線
a0086270_11591160.jpg
越ノ潟発着場(堀岡まで渡し船が出ている。無料)
a0086270_12004663.jpg
引船
a0086270_12281135.jpg
渡し船
a0086270_12361132.jpg
近くには帆船海王丸も停泊
a0086270_12333208.jpg




にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-11-09 13:19 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

写生地・岩瀬漁港(富山)

取材日(2014年4月)
JR富山駅北口からライトレールに乗り岩瀬漁港下車、徒歩10分。
この港はかなり広範囲に広がっており、たくさんスケッチスポットがある。
立山連峰を背景にしたり、灯台あり、運河ありと変化にとんだ絵が描ける。
1日いても飽きない。
この日の夕日は素晴らしかった。
a0086270_23125565.jpg
a0086270_23083820.jpg
a0086270_23092312.jpg
a0086270_23102099.jpg
a0086270_23110331.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-11-05 23:31 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

写生地・腰越漁港からの江ノ島・富士

取材日(2014年3月)
江ノ電の腰越で下車、徒歩で5〜10分で腰越漁港に着く。
漁港の前(南西)には江ノ島が見え
東側には小動岬(こゆるぎみさき)がある。
小さな港だがいろいろと漁港としての小道具がたくさんあり、背景がいいので絵にしやすい。

江ノ島が見える。
a0086270_12073932.jpg
東の小動岬(こゆるぎみさき)の中には小動神社があり
向かって左側の車道から入ることができる。
鳥居をくぐり、なだらかな坂を登って行くと境内に上がる階段があり
上がると右手に本殿、突き当たりの海側には小さなコンクリートの見晴台がある。
ここからも江ノ島が見える。
a0086270_12082514.jpg
a0086270_12091467.jpg
a0086270_12100754.jpg

日が沈むと富士山がシルエットで浮かび上がる。
ビルで見えない富士の裾野は
南側の新しくできた築港の方に回ればよく見えると思う。
a0086270_12113699.jpg







にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-11-04 12:48 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

写生地・腰越漁港からの富士

取材日(2014年3月)
江ノ電の腰越で下車、徒歩で5〜10分で腰越漁港に着く。
漁港の前(南西)には江ノ島が見え
東側には小動岬(こゆるぎみさき)がある。
小さな港だがいろいろと漁港としての小道具がたくさんあり、背景がいいので絵にしやすい。

江ノ島が見える。
a0086270_12073932.jpg
東の小動岬(こゆるぎみさき)中に小動神社があり
向かって左側の車道から鳥居が見え、なだらかな坂を登って行くと
境内に上がる階段があり、境内の突き当たりに小さなコンクリートの
見晴台があり、ここからも江ノ島が見える。
a0086270_12082514.jpg
a0086270_12091467.jpg
a0086270_12100754.jpg

日が沈むと富士山がシルエットで浮かび上がる。
ビルで見えない富士の裾野は
南側の新しくできた築港の方に回ればよく見えると思う。
a0086270_12113699.jpg







にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-11-04 12:48 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

写生地・江ノ島からの富士

取材日(2013年11月)
江ノ島大橋から西の方角によく晴れた日には富士が見える。
真冬の方が見える確率が高いのは言うまでも無いが
夕日が沈む頃から沈んだ後のシルエットもいい感じだ!
(シルエットならオールシーズン運次第で見ることができるようだ)
この日は偶然富士に出会った。
ちなみにダイヤモンド富士と言われている富士の頂上に沈む夕日は
4月の6日、7日
9月の6日、7日
とのことだ。
稚児ケ淵からの景色が一般的に最高とされているようだが
僕は船などを前景に入れたいので
これから場所を探しておこう!
この日、帰りには腰越に寄ったようだ。

a0086270_18030761.jpg
a0086270_18043296.jpg
a0086270_18052092.jpg
腰越港からの江ノ島夜景
a0086270_18274938.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-11-03 19:00 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

写生地・戸坂漁港


取材日(2013年8月)
JR紀勢本線・加茂郷駅下車タクシー。
バスもあるのですが本数が少ないので行き帰りタクシー。
この漁村は山からいきなり海と言う厳しい環境なので民家は山にへばりつくように建っている。
小さな港だが漁船はたくさん停泊しており、民家と漁船、高台からの眺望などたくさん描ける。
a0086270_23165441.jpg
a0086270_23182011.jpg
a0086270_23201589.jpg
a0086270_23224483.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

by taiyoart | 2016-11-01 23:58 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

伊豆山神社からの風景&伊豆山港

JR熱海駅バスターミナルから伊豆山神社行きか七尾行きバスに乗れば
10分程度で神社の鳥居前に着く。
かなりきついが長い階段を登って行くと神社の境内にたどり着き、すぐ左に椅子とテーブルがあり
そこからこのような景色が見える。
a0086270_23002118.jpg
伊豆山港へは登ってきた階段を下り、バスを降りた車道を横切り
向かいのバス停の脇の古い参道を海に向かって延々と下って行くと伊豆山港に着く。
(神社から15分〜20分位)
途中走り湯」と言う温泉もありますよ〜
伊豆山港へは熱海駅から徒歩20分位でダイレクトに来ることもできるようだ。

伊豆山港
a0086270_23020211.jpg
a0086270_23024275.jpg
a0086270_23031913.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-10-31 23:51 | 写生地 | Trackback | Comments(2)

熱海・熱海マリーナ

取材日(2013年5月4日)
JR熱海下車右手の商店街を道なりに下って行くとマリーナに出る。
たくさんのヨットやいろいろな艇があり面白い。
また、たくさんのリゾートホテルやマンションが立ち並ぶ
山手の方に登ると熱海の街と海が眺望できる。
僕は歩いて登って行ったが、バスでMOA美術館などの方に登って行き
よさそうな所で下車するのがいいと思う。

東京・真鶴方面の風景
a0086270_10323001.jpg
伊豆・網代方面の風景
山の上に小さく熱海城が見える。
a0086270_10331307.jpg
高台からの熱海の街
a0086270_10342816.jpg
左の海に小さく浮かぶのが初島
a0086270_10353992.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-10-30 11:08 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

森戸海岸&真名瀬漁港

取材日(2012年10月30日)
逗子からバスで海岸通りを回る葉山行きに乗り
森戸(海岸)下車(神社のあたりで下車した)
a0086270_13002844.jpg
海岸に向かって森戸神社の左脇を回ると、この石原裕次郎のブロンズ像が見えてくる。
a0086270_13013960.jpg
遠くには江ノ島が見える。
a0086270_13023515.jpg
神奈川の景勝50選
森戸夕照
と言うだけあって素晴らしい夕日だ。
a0086270_13033215.jpg
森戸からバス停で一つぐらいに真名瀬漁港がある。
僕はこの日、夕日にはまだ時間があるので
波打ち際を歩き真名瀬に行き
日が沈む頃また森戸に戻って夕日を見た。

真名瀬漁港
a0086270_13053089.jpg
a0086270_13062295.jpg
a0086270_13070769.jpg





にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-10-29 13:30 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

佐島・佐島マリーナ

今日は逗子からバスに乗り佐島に行った。
以前に撮った写真のデータを見ると2012年10月13日に葉山・立石・佐島と行っている。
この日は天気も良く立石では夕日を撮影するカメラマンの砲列に出くわすほどだった。
しかし今日は家を出る時は晴れていたのだが
バスに乗ってからはあいにくの曇り空、時々霧雨と言う最悪の天候だ!
そんな事で天神崎臨海自然教育園なども散策してみた。
逗子駅前からバスに乗り佐島マリーナ入り口(終点)で下車。
a0086270_11224458.jpg
a0086270_11231437.jpg
佐島マリーナ
a0086270_22233661.jpg
小舟と弁天島
a0086270_22261281.jpg
天神島から笠島を望む。
右のうっすら見えるのが江ノ島だ!
もちろん冬の天気の良い日などは冨士も見えるだろう。
a0086270_22280209.jpg
天神島は特殊な植物環境らしい真夏にもう一度来てみたい。
a0086270_23104844.jpg
a0086270_23115340.jpg
a0086270_23133997.jpg
天神島の磯で
a0086270_22454038.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-10-25 23:20 | 写生地 | Trackback | Comments(0)

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31