ブログトップ

洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記

カテゴリ:カメラ・写真集( 13 )

広島原爆写真集 長崎原爆写真集

a0086270_23305337.jpg

a0086270_233185.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-07-24 23:31 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

・写真家小松健一先生と彝人の世界大涼山と大理を行く・

a0086270_1331171.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
by taiyoart | 2013-11-16 13:32 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

平成24年度「ぐんまの山村」フォトコンテスト 作品募集

a0086270_1018318.jpg

a0086270_10191492.jpg

詳しくは→作品募集 群馬県
小松健一氏→Blog




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by taiyoart | 2012-09-29 10:25 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

走る電車の中からCX5で撮った東京スカイツリーと飛行船。

今日の午後、常磐線で松戸からの帰り
北千住を過ぎてからしばらくすると東京スカイツリーの上に飛行船が見えた。
あわてて持っていたCX5を取り出して窓越しに写した。
電車の揺れとビルなどの障害物がじゃまをして、なかなかうまく撮れなかったが
その中でなんとか救われた一枚。
a0086270_20173541.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by taiyoart | 2012-09-09 20:52 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(2)

FUJIFILM FinePix A900もいいカメラ、しかし・・・

リコーのCX5を購入してからは、以前使っていたFinePix A900は本棚に置いたまんまだ。
今日何気なく見てみたら電池が切れていた。
さっそく充電したものと交換、また本棚へ。
このカメラ、5年間ぐらい使っていたので愛着があるのだがこのありさま。
スケッチ旅行やホームページ、ブログはもちろん、カレンダー制作などにも大活躍だったが
今のところはCX5がおもしろいので、こちらばかりを持ち歩いている。
FinePix A900はスケッチ旅行などの際、
電池が切れても単三の電池ならコンビニで入手出来るので、安心して出かけられた。
確かに何回かコンビニや電気屋に飛び込んで助かった事がある。
私の使い方なら、CX5もスペアの電池を持参すれば安心して撮影出来そうなので
次回のスケッチ旅行にはCX5を持って行こうと思っている。
a0086270_0113341.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by taiyoart | 2012-09-08 00:14 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

RICOH CX5 普段持ち歩くのに楽しいカメラ。

a0086270_9365262.jpg

このカメラは楽しい機能がたくさんあり、楽しめる。
まず、気に入ったのは下記の4点であるが、
マイセッティングの2つにステップズーム他、画像サイズなども違えて設定する事が出来る。
私は片方をスクエアにしている。素早くチェンジ出来るので便利だ。
オートモード撮影より、こちらのマイセッティングモードの2つを使う事の方が多い。

○ステップズーム。
 28m、35、50、85,105,135,200,300mと
 交換レンズを換えるがごとくレバーひとつで自在に換える事が出来る。
 もちろん一般的なズーム撮影も出来る。(両方ともデジタルズームをプラスすれば600ミリまで)
○広角撮影で1センチまで寄り、マクロ撮影が可能。
○シーンモード撮影
 14種類のシーンモードを選び撮影可能。
 夜景撮影、料理の撮影、ズーム位置を自動で最適化してくれるズームマクロでの撮影など便利な
 機能がある。打ち上げ花火と言うのもある。
○マイセッティングモード
 モードダイアルに[MY1] [MY2]と言うのがあり、2つの自分好みの設定を登録することが出来る。
a0086270_11523479.jpg

a0086270_1152399.jpg


因にこのカメラはCX6が一番新しいのだが、デザインがあまり好きではなかったので単純にCX5に決めた。
この昔風な感じが気に入っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by taiyoart | 2012-08-17 11:59 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(4)

鈴木孝雄写真集『我が心の山嶺』

写真を初めて50年の鈴木孝雄さん、近年の15年は世界の山嶺を撮り続け、この度ぶどうぱん社から総ページ200ページに及ぶ素晴らしい写真集「我が心の山嶺」を出版。
ページをひも解くとそこにはネパール、チベット、中国四川省、雲南省、南米、ヨーロッパなどの神々しい山嶺の数々があり、それぞれ違う山肌にぐいぐいと感覚的に引き込まれてゆく。私が初めて雲南を旅した時に仰ぎ見た玉龍雪山もあった。感動!
a0086270_15121368.jpg

私が鈴木孝雄さんとお会いしたのは小松健一氏主催の風の会であった。その時、鈴木さんが出展の山の写真について私は説明を受けたのである。明るく、気さくなお人柄だなーとの印象だったので、まさかこんなに凄い写真をたくさん撮っている人とは思っても見なかった。77歳でこの馬力、今もせっせと山行を続けているそうである。次はどんな作品を見せてくれるのか楽しみだ。
この度の「我が心の山嶺」出版、誠におめでとうございます。益々のご活躍を!

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

にほんブログ村 美術ブログへ

by taiyoart | 2012-01-29 15:37 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

「写真で感じる宮沢賢治」小松健一トークショー

世界の自然・風土・環境と人の暮らしをテーマに取材を続ける写真家.小松健一さんは、宮沢賢治作品の背景となった風土を長年に渡って撮り続けています。今月7月にも『宮沢賢治 雨ニモマケズという祈り』(新潮社)を出版。小松さんにしかできないお話にご期待ください。スライド上映予定の50枚以上の貴重な写真の中には、賢治の心友だった保坂嘉内のご子息が保有する賢治の自筆書簡の一部も含まれています。(パンフレットより)
a0086270_21233899.jpg
a0086270_21224049.jpg

場所:OZONEプラザ 定員40名 
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)
日時:8/20(土)17:30開場 18:00開演 19:30終了
OZONEアクセス



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

にほんブログ村 美術ブログへ

by taiyoart | 2011-08-06 21:59 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

小松健一の新刊 宮澤賢治雨ニモマケズという祈り

友人の小松健一が昨年の『太宰治と旅する津軽』に次いで
新刊宮沢賢治雨ニモマケズと言う祈り 
重松清 澤口たまみ 小松健一 を新潮社「とんぼの本」より出版。
定価1600円(税別)
a0086270_10532629.jpg

宮澤賢治(1896~1933)の死後、メモやスケッチが配されたノート類がみつかった。うち一冊の手帳に「雨ニモ負ケズ」で始まる、よく知られた詩がある。今なお私たちの心に響くその一篇を、彼はどんな人生の中で書き留めたのだろう。「自然を見たままに記録した」と賢治自身が語った作品と生涯をたどる。作家・重松清氏には、大正12(1923)年に賢治が向かった樺太(サハリン)を、鎮魂の思いをこめて歩いていただいた。ナチュラリスト賢治の後輩に当る盛岡在住の作家・澤口たまみ氏は、作品に謳われた「自然」を考察するとともに、賢治の秘められた恋と、知られざる恋人の実像を明らかにする。詩人の郷里、岩手の美しい四季の情景は、30年にわたり賢治の原風景を追い続ける写真家・小松健一氏による。
(表紙カバーより)

地球もイーハトーブをめざしているのかなと思われるこの頃、ぜひ一続を!

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

にほんブログ村 美術ブログへ

by taiyoart | 2011-08-06 10:53 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

心のふるさと雲南 田中四郎

7月18日、個展の初日に中国の取材旅行から帰ったばかりの小松健一さんから頂戴した田中四郎さんの写真集。「心のふるさと雲南」
a0086270_12375179.jpg

ページの最後を見ると 編集・構成 小松健一となっていた。
10年位前、私も雲南を旅した事があったので思いも深く、懐かしく拝見する。私の好きな西双版納、麗江などもあり、そこには観光ではない、人々の暮らしの中に一歩踏み込んだ写真家の目が感じとられた。ファインダーを通した温かいこころそのままに許された人々の自然な眼差し、「昔の日本と同じじゃん」と言いたくなるような写真の数々、まさに心のふるさと素晴らしい写真集だ!
田植えや稲刈り、菜種の収穫などの光景を見て、子供のころ手伝った時と同じだなーと懐かしく思い出された。牛での代掻きも同じだ!
関連記事 小松健一氏のbloghへこちら








にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

にほんブログ村 美術ブログへ

by taiyoart | 2011-07-29 13:21 | カメラ・写真集 | Trackback | Comments(0)

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31