ブログトップ

洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記

taiyoart.exblog.jp

美崎太洋の油絵ほか、友人知人の絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。

カテゴリ:展覧会レポート( 47 )

今日は友人の野村重人さんが出展の京橋はギャラリーモーツアルト「五月会油絵展」に行く。
野村さんと僕は27〜8歳の頃はよく会っていたのだが、その後、僕の仕事の都合で20年くらいは会えないでいた。
しかし、僕の2回目の個展に共通の友人と共に来てくれ、再び縁がつながった。
僕が絵を描き始めたからこそのミラクルだ!
20年ほど途切れたものの、知り合ってから四十数年にもなる。
「絵はいいな〜!」二人とも死ぬまで描き続けることだろう。

野村重人さんの作品 
上「猫と少女」
下「灯台のある風景」
a0086270_22511072.jpeg

a0086270_22514379.jpeg

a0086270_22521561.jpeg
a0086270_22531404.jpeg
野村重人さん(右)




by taiyoart | 2017-05-03 23:19 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)
昨日は鈴木渉さんの写真展行く。
鈴木さんは祭りの写真を得意としており、僕も祭りが好きなので
以前から鈴木さんの祭りの写真集などをよく拝見していた。
ついこの前、祭りの写真だけではなく普段の風景も撮り始めると聞いていたばかりなので
短期間でよくこれだけの作品を撮ったな〜と会場に入るなり驚いた。
しかも生々しい原発や津波の痕跡ではなく
今の福島浜通りの人々の暮らしに密接、心から応援し、見守る鈴木さんの暖かい視線が感じられ
素晴らしいなと思い、感動した。
ある日、鈴木さんは絵描きの僕に光線について熱心に聞いてこられたことがあった。
その時僕は絵描きとして普段思っている通りのことを答えておいた。
この度の作品作りには日の出、日の入りなどの時間を計算をしたうえで
撮影現場に行き、撮影されたものもあると聞いた。
すごい勉強家でもある。
酒の席とは言えうかつなことは言えないな〜・・・

3月23日(水)までオリンパスギャラリー東京で開催。
a0086270_15241351.jpg
a0086270_15122578.jpg

a0086270_15124115.jpg
a0086270_15130710.jpg
a0086270_15132646.jpg
避難地から帰り祭りを催行する女性たち。
a0086270_15135942.jpg
a0086270_15294040.jpg
キャンドルナイトで空を見上げる少年
これに僕はぐっときた。

a0086270_15141336.jpg
祭りを受け継ぐ少年たち。
a0086270_15150732.jpg
a0086270_15152393.jpg
カメラ雑誌に大きく掲載されている鈴木さん。
a0086270_15163116.jpg
鈴木渉さん(右)藤本四八賞受賞の平元盛親さん(中)と記念撮影
因みにお二人とも小松健一主宰・写真研究会「風」のメンバーでもある。
a0086270_17005690.jpg
鈴木渉写真展「浜通り」を祝う会で挨拶の小松健一さん(右)と鈴木渉さん




にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2016-03-19 17:03 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)
12月15日(火)ぎゃるりじん(横浜)で開催の金子さんの個展におじゃました。金子さんの遊紙灯を拝見するのは二度目になるが、すばらしいの一言。作品はまず和紙をさまざまな太さのこよりや、極細の糸によった素材で出来ていて、和紙のオブジェからもれる温かい灯りはここちよく癒される。金子さんだけにしか出来ないと思われる独特な世界だ!
a0086270_1648177.jpg

a0086270_16483396.jpg

a0086270_16484415.jpg

a0086270_16485910.jpg

a0086270_16491322.jpg

a0086270_16493227.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-12-20 17:23 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)
中島悦子さんの「ふうけいの色」と題した個展におじゃました。
前回の個展もこのギャラリー・ユー(鎌倉・小町通り)での開催だったが、前回同様、彼女の色づかいは誠に素晴らしい。色感だけは天性のものと良く言われることだが、その通りと思う。今回は僕の好きな祭りの絵が無いのでさみしいが、省略された風景と静物にしぼった展示は心地よい色彩のハーモニーを奏でていた。
10月19日(月)まで開催。

a0086270_12132996.jpg

a0086270_120952.jpg

a0086270_1215176.jpg

a0086270_1224092.jpg

中島悦子さんの2016年カレンダー
a0086270_122920.jpg





にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-10-15 12:37 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(4)
昨日の10月3日、塩崎 亨さんの個展レセプションに出かけた。僕は個展初日に伺い、写真は拝見していたのだが、写真仲間や写真つながりの面々が大勢集まるようなので出かけて行った。18時30分頃より、この一連の写真展ほかをプロデュースした小松健一さんの司会ではじまった。塩崎さんの挨拶のなか、話によると塩崎さんは小松健一さんの写真集を見て感動、すぐに会社を辞め、写真の道に進んだそうだ。凄い決断だ!(僕は初めて知った)僕の塩崎さんとの出会いは小松健一さんが主催を勤める写真研究会「風」の展覧会と思う。彼の写真の中で一番印象に残っているのは「風」で発表された化粧師(けわいし)がほどこす死化粧の写真だ。きれい、と言うより美しいな〜と思ったが、よけいに死は強調されド迫力だった。この度の個展はそんな強烈な死の写真とは正反対に生、生きる、活きる、躍動のダンスだ!人間のダンスを中心に、自然の中の動植物のダンス、宇宙規模の日月のダンスなど大変素晴らしい作品群だ。そんなエネルギーに満ちた写真に囲まれ、ハッピー!みんな大いに盛り上がった。

はじめの挨拶をする小松健一さん(右)と塩崎 亨さん(中央)
a0086270_19435163.jpg

a0086270_19483393.jpg

和やかに歓談。
a0086270_19442032.jpg

写真学校(塩崎さんは写真学校の講師でもある)の生徒さんに説明をする塩崎 亨さん
a0086270_1952389.jpg

左から僕 松村さん 小松さん 美雨さん
a0086270_19462366.jpg

二次会でも話は尽きない。
a0086270_19445394.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-10-04 21:45 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)
今日の夕方、森さんの個展に出かける。前回の個展も今回と同じギャラリーミハラヤでの開催だったが、はじめ会場に入ってあまりの雰囲気の違いに驚いた。それもそのはず、「夜」がテーマだったのだ。しかし、彼女独特の色感はどの絵にもここちよく響いていて素晴らしかった。なかでも僕はメリーゴーランド、ベニス、橋、この三枚が特にいいな〜と思った。
8月31日(月)〜9月5日(土)まで開催。
a0086270_2359841.jpg

a0086270_072360.jpg

a0086270_07557.jpg

a0086270_063428.jpg

森敦子さんのBlog




にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-09-01 00:46 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(2)
by taiyoart | 2015-05-01 11:20 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)
太陽と海に乾杯!(銅版画とドローイング)
a0086270_22383826.jpg

a0086270_22392727.jpg

a0086270_22402689.jpg

a0086270_22413247.jpg

a0086270_22421344.jpg

ギャラリー時舟

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2015-03-14 22:47 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)
僕は彼女の個展を拝見するのは、昨年に続き二度目となるが
個展の開催は2009〜2011年、2013年
今年、2014年で第5回目とのことだ。
去年もこのブログで感想を書いたと思うが、色彩のハーモニーがここちよく
線も生き生きとしていて、ハートの躍動が紙面にあふれているような作品がたくさんあった。

a0086270_22570483.jpg

a0086270_23013552.jpg
a0086270_23031996.jpg
a0086270_23050893.jpg
a0086270_23073741.jpg
a0086270_23110900.jpg
a0086270_22530035.jpg
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
by taiyoart | 2014-06-25 00:25 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)
今日は川越のGallery R+(ギャラリー・アール・プラス)で開催の加藤孝一先生の個展に顔を出す。
このブログにも何回か掲載があると思いますが、加藤先生の紙に墨と彩での作風が好きで毎回伺っています。
先生いわく「紙をいじめる」「紙と格闘する」また「空白を生かす」です。
その通り、紙面からは描いたものを何度も [水洗い] をしながら描き進めているのがよく解ります。
そのいじめられた紙肌から滲み出るような墨と彩は多くのファンを魅了してやみません。
a0086270_00494260.jpg
a0086270_00503366.jpg
a0086270_00513896.jpg
a0086270_00540849.jpg
a0086270_00555682.jpg
a0086270_00573087.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


by taiyoart | 2014-06-07 00:59 | 展覧会レポート