今日は坂戸で開催の中村 咲さんの写真展に行った。91歳とのことだが、登るだけでも大変な中国西方高地での撮影、素晴らしいフットワークだ。砂漠、山、仏像、人物、動物など、砂漠とともにある景色がお人柄そのもの、温かく切り取られていた。その中で僕は大自然の中の小スペース、大きなふるいのような物で農作業をする夫婦らしき男女、自然の中に溶け込んだ不思議な次元の愛にあふれる写真、好きな一枚だった。ハーモニーやね。

中村 咲 第10回写真展 
91歳の輝き 中国西方をゆく
坂戸グランドホテル 12月30日まで開催。




a0086270_19424586.jpg




a0086270_19432767.jpg



a0086270_19440705.jpg



a0086270_19444936.jpg



a0086270_19452666.jpg



a0086270_19463734.jpg



a0086270_19474531.jpg



a0086270_19481821.jpg



a0086270_19485270.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2017-12-12 19:52 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)

美崎太洋2018CALENDAR

今日は僕の2018年のカレンダーが届いた。
7月の第23回美崎太洋個展
8月の第32回日本の海洋画展も終わり
9月からは伊勢湾に浮かぶ答志島、神島の絵に没頭。
合間に23回個展の出品作の中から9枚選び
イラストレーターで制作、入稿したものだ。
色校正もしないで一発勝負!
やった〜!

a0086270_11051331.jpg




にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2017-10-15 11:33 | 美崎太洋個展ほか | Trackback | Comments(0)

今日は久々に鎌倉は小町通りにあるギャラリー・ユーに行った。
祭り・鳥居・季節 と題して中島悦子さんが油彩画展を開催しているのだ。
僕は中島さんが描く祭りシリーズが好きで、この日を楽しみにしていた。
たくさんの祭りの絵を
一堂に拝見したのは今回が初めてだが 
期待どおり色彩豊かで
人物の表情なども温かく、なんとも言えないうれしい祭りのひととき
温もりのある画面を迷いなく生み出していた。
祭りシリーズのほか、花や風景も素晴らしいです。
16日(月)まで開催。
a0086270_19500513.jpg



a0086270_19523509.jpg



a0086270_19535641.jpg



a0086270_19550148.jpg



a0086270_19560074.jpg



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2017-10-14 20:58 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(2)

昨日は銀座ニコンサロンで開催の眞月美雨さんの写真展 桃源郷を拝見する。
美雨さんは昔ながらの二眼レフ(6×6)を駆使して
中国は四川省、雲南省、貴州省、などの少数民族の文化や暮らしを取材したようだ。
厳しいだろうが自然とともに暮らす人々の生活がモノクロフィルムの階調に
ソフトで温かな表現となって写し出されていた。

僕も1999年、雲南省の少数民族の村をたずねた事があり
その時、僕の子供の頃に体験した暮らしを見ているようで懐かしく
「あの頃は良かったな〜」と言う思いがこみ上げて来た。
この度の眞月美雨さんの写真の数々を拝見して
また、貧しくとも楽しかった
田舎での暮らしがよみがえって来た。
感謝!である。

数々の写真の間間に挟まれた風景写真も
自然のかおりがするような空気感や奥行きがみごとに表現されていて
そんな中で暮らす人々とのハーモニーがここちよく伝わってくる。
まさに桃源郷!
素晴らしい写真展だった。

10月3日まで開催。
a0086270_10472960.jpeg



a0086270_10481318.jpeg



a0086270_10490619.jpeg



a0086270_10494067.jpeg



a0086270_10511078.jpeg



a0086270_10503393.jpeg




9月27日〜10月3日まで開催。↓




にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2017-09-28 12:19 | 展覧会レポート | Trackback | Comments(0)

日本の海洋画展・画集

一般社団法人 全日本海員福祉センターが主宰する日本の海洋画展
僕は2014年の第29回展から出品させていただいているのだが
この展覧会は、開催以前にはにはもう、出品作家に画集が届けられると言う速さ。
素晴らしいスタッフ力だ。
絵画の運搬、写真撮影、デザイン、校正、印刷など
それぞれの工程には、さまざまな細かいやるべきことが
たくさんあると思うのだが
完璧に満足いく画集となっている。
僕は絵を描き始めた当初から
好きな海をテーマに描き続けているので
この日本の海洋画展に出品できることは最高にうれしい。

a0086270_14283025.jpg
上・第32回画集 下・第30回記念画集

a0086270_14455622.jpg
本年 第32回日本の海洋画展ポスター



にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2017-09-23 14:31 | 日本の海洋画展 | Trackback | Comments(0)

絵の具

昨日、今日と同じような色調の海の絵を二枚描いた。
下の絵の具の写真をご覧のようにブルー系だ。
僕の絵は、チューブから出したそのまんまの色を塗ることが結構多い。
混色すると彩度が落ちるからだ。
そんなことで中間色も好きな色を買うようにしている。
それでも微妙な色合いが必要な時はもちろん混色をする。
特にグリーンは色を作らないとどうにもならない。

a0086270_23365492.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村


# by taiyoart | 2017-09-23 00:32 | アトリエ便り | Trackback | Comments(0)